先進歯科治療が支える健康歯育|美歯口元美人

削らない治療

エクストルージョンや親知らずの移植

歯医者

進行した虫歯の治療は、歯を削ったり抜いたりすることでおこなわれます。治療をすればするほど、元の歯は失われていくことになります。失われた歯は、二度と元には戻りません。しかも削られて薄くなった歯は、詰め物をしたとしても、元の歯と比べるともろい状態なので、トラブルを起こしやすいです。そのため昨今の歯科では、できるだけ元の歯を残すような取り組みがおこなわれています。残っている元の歯が多ければ多いほど、再度の歯のトラブルが起こりにくくなるからです。具体的には、歯を少し引き上げることで歯茎の内部での虫歯を治療するエクストルージョンや、抜歯した箇所への親知らずの移植などがおこなわれています。これらにより、元の歯を多めに残すことのできる人は増えてきています。

手術が可能な歯科や口腔外科で

エクストルージョンには、顎の骨から歯を引き出すための特殊な器具が使用されます。また、引き出してから虫歯などの治療をおこない、その後はその歯をまた顎の骨に固着させる治療をすることになります。したがってそういった器具や技術を有する歯科や口腔外科で受けることができます。また、親知らずの移植は、親知らずが正常な向きで生えている場合には、一般歯科でも抜いてから移植することが可能です。しかし横向きに生えていたり、歯茎の中に埋もれていたりする場合には、歯茎を切開した上で取り出すという手術が必要になります。顎の骨を削ることが必要になる場合もあります。この場合は、手術が可能な歯科や口腔外科を受診することになります。