先進歯科治療が支える健康歯育|美歯口元美人

失った歯の再現

インプラント治療を考えた時には

歯医者

インプラント歯科治療とは、失った歯の部分に人工歯根を埋め込む、それを支えにして1本の独立した歯を作り上げることです。このインプラント治療を受ける際には、歯科医師と患者さんとの間での十分な話し合いが必要になります。治療を成功へと導くためには、歯科医による症状の検査・診断とともに、十分な説明を受ける必要があります。患者さん自身で治療計画を確認し、医師に質問をすることが大切です。様々な疑問点をクリアな状態にしなければなりません。このような説明と同意を「インフォームドコンセント」と言い、歯科現場に置いても当然求められるようになっています。インフォームドコンセントを十分におこなうことで、様々なトラブルを防ぐことが出来ます。歯科医との十分の話し合いの上で、納得してから治療にあたることが満足できる結果へとつながっていくのです。

治療を受けるために必要な費用

近年普及してきた「インプラント歯科治療」は、最新医療技術の1つです。そのため、健康保険が適用できません。それぞれの歯科医院で費用を決めることが出来ます。医師の考え方や地域差等が費用に反映されますが、一般的な治療費というものがあります。多くの歯科医では、インプラント1本当たり20万円から30万円の費用が必要になります。この他にも、インプラントの上に被せる人工の歯冠等の費用が別途かかります。例えば、下顎にインプラントを4、5本埋め込むと、総額250万円前後必要になります。高額な治療費が必要になりますが、インプラント治療を希望する方は増加しています。より天然な歯に近い感触を得られる、という理由からだけで治療を考えるのではありません。インプラント治療を受けることで生活の質を改善することができ、活き活きとした日常を過ごせる点にも、大きな魅力を感じているのです。